優雅に見えるレジャー施設。しかし運営は難しい?

レジャー施設

レジャー施設も近年では苦戦を強いられているのですが、大規模なレジャー施設はともかく、小規模なレジャー施設は経営難になっていることも多いのです。田舎のレジャー施設に遊びに行ってみたら、祝日にも関わらずガラす
きだった・・・そんなご経験はないでしょうか?そんな状況を回避するためにも、レジャー施設の運営者も経営コンサルティング業者を頼ることがあるのですが、どのようなアドバイスをすることが多いのでしょうか。

やはり重要なのは市場調査なのですが、どのようなものが人気なのかを知らないと、やはり経営は難しくなってしまいます。また、人気の物を取り入れるだけでは一時的に売り上げを伸ばすことはできても、長続きしなくなってしまうという欠点があります。そこでオリジナルの商品を取り扱うと言った工夫も当然必要になるでしょう。

このような方法で小規模なレジャー施設の売り上げを実際に伸ばしたという事例もありますし、思い切ってリニューアルして売り上げを伸ばしたレジャー施設もあります。やはりこのような経営難に陥ったときには、業種に関係なく経営コンサルティング業者を頼るのが最も解決の早道だと言えるでしょう。

経営コンサルタントとしてサクセスストーリーを歩んだ人物というと、良く挙げられる名前に田中雅子氏がいます。田中雅子氏は企業の人間関係的な視点から変革のメスをいれていくことが出来る、いわゆるチーム強化のプロです。その哲学は田中雅子氏の連載投稿からも読み解くことができます。参考サイト:ビジネスジャーナル

話しは戻りまして、レジャー施設をコンサルするというと、地理的要因やシーズンごとの企画など、どうしても戦略的な観点に偏りがちです。しかし、レジャー施設も一つの企業であり、人間の集まりであるという認識を持って、そういった企業として、またチームとして人材が自ら輝いて活躍しているか?社内の雰囲気(ひいては園内の雰囲気)は良いものになっているか?といったかんてんからの見直しも必要なのではないでしょうか?

変革は思わぬところからやってくるのかもしれません。

これから変革を迎えるであろう葬儀業界

葬儀のイメージ

どのような商売であってもまずは信頼が第一となるのですが、葬儀屋というのは悲しみをこらえて依頼されるような職業なので、通常の商売よりもさらに信頼が大切になります。しかし、葬儀屋も葬式などを執り行うことで生活費を稼いでいるので、当然多くの人に利用してもらわないと商売が成り立ちません。

このような葬儀屋でもやはり頼りにしているのが経営コンサルティング業者なのですが、やはり信頼を得るためのアドバイスをすることが多くなります。まず料金を明確にしておき、後からいろいろな項目をプラスして料金を取るようなことをしないようにする、会員制度にランクを付ける、自社の強みを全面的に出すと言ったアドバイスが多くなっています。

会員になることでいつでも相談に応じられる、対応が早くできるようにすると同時に、どのような点をサポートするのかでランク分けをし、当社ではこのような強みがあるということを押し出して宣伝することで、実際に売り上げが伸びたという例もあります。

また、葬儀屋という職業は地元に密着する性格が強いため、そういった意味からも信頼性が非常に重要になります。ですので、企業のブランド力も磨く必要があります。良いイメージがその地域で確立できており、地元の人々とつながりが密接であるならば、成功と言えるでしょう。

これからの日本は超高齢化社会を迎えると言われており、葬儀業界も恐らく何らかの変革の波が来ると言われております。そんな意味でも、先を見据える力をもった経営コンサルタントとしっかりとタッグを組んでいくべきでしょう。

女性向けサービス業にマッチした改善提案

fffb4a77ccea6fd5c791d8078ae80417_s

エステも経営コンサルティング業者を頼ることがある

最近はエステに行くという人も多いでしょうが、増税による値上げでエステに行く費用を抑えてしまう人も多くなっていることから、やはり経営が厳しいエステも存在しています。エステはどこでも儲かっていると思う人もいるでしょうが、実際には儲かっていない店も数多く存在しているのです。

しかも新規参入が多くなっているジャンルでもあるので、経営が難しいと言われているのですが、そんなエステを経営している人も経営コンサルティング業者を頼ることがあります。では、経営コンサルティング業者に相談すると、どのようなアドバイスをもらえるのでしょうか。

やはり多いのはわかりやすい料金設定、エステティシャンの技術力向上、サービス幅の拡大などが多くなっているのですが、エステとは言っても現在ではいろいろな種類のエステが存在しています。よって多数のエステを取り入れることによって、他の店へ流れてしまうお客を呼び寄せることができるのです。さらに料金をわかりやすく表示することで、信頼を得られるようになります。

 

立地条件の悪い美容室が繁盛

美容院は比較的売り上げのよい店が多くなっているのですが、やはり大きな駅前などでは流行っていることが多いものの、立地条件の悪い場所にある美容院は、経営が厳しくなっていることがあります。そんな立地条件の悪い場所ではこれ以上の売り上げが見込めないのかと諦めず、経営コンサルティング業者に相談したことで、売り上げ向上に成功した店もあります。

では、経営コンサルティング業者にどのようなアドバイスをもらって売り上げを伸ばしたのかというと、宣伝方法の改善とキャンペーンの実施、サービス内容の改善とスタッフの技術向上に努めるように助言されて売り上げが上昇したのです。

やはり人を育てられないようでは将来性はありませんし、インターネットを使った効果的で人を惹きつけるデザインを用いた宣伝で、集客力が上がりました、さらに現時点でのサービスだけではなく、他にも多数のサービスを導入し、割引や贈呈品などを利用したキャンペーンによって知名度が上がっていったのです。

地方の伝統食を守る

122768

日本の都道府県には昔からの伝統食があり、現在でも店を開いて伝統食を守っていきたいと考えている人がいるのですが、すぐに珍しい物や新しいものに飛びつくという悪い癖のある日本人は、現在洋食や中華料理、洋菓子などすぐ外国の物に飛びつくため、昔からの伝統食が売れていない店も多くなっています。

そんなときにも経営コンサルティング業者ではしっかりと対応してくれるのですが、伝統食は地元の宝であり、いつまでも守り伝えていくべきなので、絶対に味を落としてしまう訳にはいきませんし、アレンジしても元祖の物は必ず残すべきでしょう。経営コンサルティング業者では、このようなときにはインターネットを活用して、オンラインでも販売できるようにするべきというアイデアや、生産ラインを一括化するなどのアドバイスを行っています。

 

無駄の削減と幅広いエリアで販売を行うことで、売り上げを上昇させると同様に、知名度を上げるという効果もあるのです。日本各地で地元の名物を知ってもらうことで、観光誘致にも貢献できるでしょう。

創作居酒屋で成功した事例

d1d6a3e13d9ed582c352774a145ba0dd_s

サラリーマンなどは仕事終わりに居酒屋へ寄ってお酒を飲んでから帰るという人もいるでしょう。しかし、居酒屋には大手企業のチェーン店として営業している場合と、個人で営業している場合があると思います。このご時世に個人で居酒屋を経営するのはかなり難しいのですが、経営コンサルティング業者に相談して開業したら成功したという事例もあるのです。

大手の居酒屋チェーンの中には信頼を失って営業に苦しんでいるところもあるのに、個人の新規参入居酒屋がどのように成功したのか気になる人も多いでしょう。経営コンサルティング業者に相談したとき、珍しい物を提供するのではなく、定番の物をより高品質に提供すること、うまくて速くて安い店を目指すようにアドバイスをもらいました。

近年の日本人はすぐ珍しいものに飛びつきますが、居酒屋というのは中高年が癒される交流の場なので、この点を重要視したメニューの作成、サービスの提供を行うことで、多くの人を呼び込むことに成功したのです。

相談する人が多い製造業

製造工場を視察するコンサルタント女性

業種によって経営コンサルティング業者を頼りにすることが多い場合と少ない場合があるのですが、製造業は比較的経営コンサルティング業者を頼りにする傾向にあります。なぜなら不景気のあおりを最も受けてしまう業種だからです。近年は増税の連続によって外資系の大手企業だけが得をしている状態にあり、中小企業は悲鳴を上げています。
このような状況を何とか打破しようと中小企業の製造業は経営コンサルティング業者を頼り、いろいろな対策を立てています。今まで作っていた物だけで何とかしようとするのではなく、他の物も作るようにアドバイスすることもありますし、他の会社では作るのが難しい上に、今後受注が伸びると予想される分野に参入すると言ったアドバイスも行っています。

1つのことにこだわって極めるようなやり方では生き残っていけないので、しっかりと市場調査を行い、今後伸びてくる産業を導入した上で、日本が誇る技術力を用いることがこの不景気を中小企業の製造業が乗り切る手段です。